育毛ケアしても効果がないのは何故?抜け毛の原因と対策方法

抜け毛にお悩みの方の中には、毎日きちんと育毛ケアしているのに効果が実感できないという方もいるかもしれません。

抜け毛が気になる場合には、まずは原因を突き止めることが大切なのです。

ここでは、抜け毛の原因に合わせた対策方法についてご紹介したいと思います。

抜け毛の原因について教えて!

男性ホルモンの作用による抜け毛

男性だけではなく女性でも男性ホルモンの影響を受けています。

男性ホルモンの作用によって起こる抜け毛や薄毛の症状を、男性の場合AGA(男性型脱毛症)、女性の場合FAGA(女性男性型脱毛症)と言います。しかし、男性ホルモンが直接抜け毛の原因になるのではありません。

男性ホルモンのテストステロンが毛根周辺で分泌される5αリダクターゼ(酵素)と結びつき、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が生成さた時にはじめて抜け毛の原因となるのです。

薄毛の原因物質のDHTは、栄養のバランスが悪い食事・睡眠不足・ストレスなどによって生成されやすくなると言われています。

ストレスによる抜け毛

ストレスを感じていると血管が収縮して血流が悪くなってしまいます。

ストレスによって血流が低下すると、健康な髪を育てるのに必要な栄養が頭皮に行き渡らなくなってしまいます。

すると、髪の成長が阻害されて髪が細くなったり抜けやすくなるのです。

頭皮環境の劣化による抜け毛

パーマやヘアカラーなどを繰り返していると、頭皮に少しずつダメージが蓄積されていくことがあります。

頭皮は弱酸性の状態を保っていますが、パーマやヘアカラーに含まれる成分はアルカリ性なので頭皮に強い刺激を与えてしまいます。

液剤の影響で頭皮環境が劣化すると成長段階の髪が途中で抜けやすくなるので薄毛の原因となってしまうのです。

抜け毛の原因に合わせた対策方法

ホルモンの作用に対する抜け毛対策

ホルモンの作用による抜け毛は、抜け毛の原因物質であるDHTの生成を抑えることが大切です。

生活習慣が乱れているとDHTが生成されやすくなるので、まずは毎日の生活習慣を見直すことが大切です。

早寝早起きを実践するなど規則正しい生活を過ごしながら、毎日の食事に髪に良いと言われる海藻・納豆・牡蠣などの食品をとり入れると良いでしょう。

ストレスに対する抜け毛対策

ストレスが抜け毛の原因となっている場合、まずはストレスを取り除くことが大切です。ストレス解消に役立つのが軽い運動や湯船に浸かることです。

身体を動かすことは気分転換になる上に血行を促すので効率よく抜け毛対策をとることができます。

湯船に浸かることも血行を促しますが、良い香りの入浴剤を使えばリラックス効果が高まりストレス解消に役立つでしょう。

頭皮環境の劣化に対する抜け毛対策

豊かな髪を育てるには、まずは頭皮環境を整えることが大切です。

抜け毛が気になる場合パーマやカラーリングなどを控えて、自然由来の原料から作られている育毛製品で頭皮に潤いや必要な成分を与えるようにすると良いでしょう。

白髪などが気になりどうしても髪を染めたい場合には、自然の原料を使った頭皮に優しい染料を選ぶようにすると良いでしょう。

育毛シャンプー効果.com